子宮外妊娠の小話

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 00:00

結果が、分かった日すぐ診察の予約の電話を病院にかけました。

 

まだ3週間だから何も見えないことを知っていましたが、何とか妊娠した実感が欲しかったんです。

 

当たり前ですが、妊娠初期は、病院のエコーじゃないと赤ちゃんのいる袋(胎嚢)の確認なんてできません。

 

だけど、産婦人科の病院ってすぐに予約とれないんですね😅

私たち無知すぎて知らなかったです 笑

 

当時私は、確実な休みが日曜日しかなく一週間後に予約することができました✨✨

 

診察まで日にちが空いたので、妊娠について調べていくと

子宮外妊娠、別名、異所性妊娠について目がつきました。

 

子宮外妊娠とは、赤ちゃんが育つ袋が子宮外に引っ付いてしまうことです。

本来ついてはいけないところに、付くためほっとくと赤ちゃんの袋の成長が進み激痛や出血が起きます。

 

当時は、だから早めに妊娠がわかったら産婦人科にいって診てもらった方がいんだなぁー

と軽く読んでました🙋

 

まさかこのときからフラグが立っていたとは😭

思い出してまとめてたら色々思いだすものですね💦

 

少し話が変わるのですが、

病院代を節約するために妊娠が分かっても、すぐに産婦人科にいかない方がいます。

 

赤ちゃんの姿がエコーで見えないと母子手帳が貰えないため

色々な割引が効かないからです。

その為、確認がだいたいできる6〜7週まで待つ人がいるのですが・・・・

とーっても危険です!!

 

私は、受精卵である胎嚢が7週まで育ってから子宮外妊娠が発覚しました。

まったく妊娠していることに気づいていませんでした。

サイズにしてたった2僂梁沺

 

後々まとめようとは、思いますがこれがなかなか強烈な痛さで、そして完治までしぶとかった。

そして、治療金額も高かった・・・・

 

本当に、みんな妊娠が分かった、すぐに産科に行って欲しいです。

 

 

JUGEMテーマ:妊娠中のできごと

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM